ホーム> 海外プロジェクト > フィリピン > ミンドロ島10年プロジェクト

余白画像
Drum Beats

10年プロジェクトについて

七千の島が浮かぶ フィリピンの七番目に大きな島、・ミンドロ島には太古の昔からマンギャン族が住んでいます。
南端のブララカオ州に住むのは豊かな手仕事文化の伝承者 ハヌノオ・マンギャン族。
食糧を自給する焼畑農耕民ですが、生産量は少なく1年のうち3ヶ月は食糧難に見舞われます。

はじまり 1996年
マンギャン手仕事01

マンギャン族の女性たちは、周囲に生えている椰子の葉で見事な籠を編みあげます。
腰機で布を織り、とても丹念な刺繍を施した手縫いの上衣を纏います。
髪や腕にはビーズの飾りが。手仕事の技に優れたマンギャン族の女性たちから
日本で彼女たちのクラフトの販売をするよう頼まれました。

これまでの活動マンギャン手仕事02 マンギャン手仕事03
マンギャン手仕事04 マンギャン手仕事05

豊かな手仕事文化の伝統を記録、保存、活性化して現金収入UPをめざす女性たちの
主体的なグループができる事を目的にマンギャン族女性のエンパワーメントプロジェクトを
極小予算で継続しました。

・マンギャンクラフトの商品開発とマーケティング
・家計簿・帳簿づけ・会計の練習
・生活識字(女性の健康) ユーマイの話(教材作成) 
・ミンドロ島にある素材をつかって商品化の試み
   (野生コーヒー ・カカオ ・ココナッツ油 ・蜜蝋ローソク)

めざしたゴール 2006年

豊かな手仕事文化を継承するマンギャンリゾースセンターの建設

10年プロジェクトでの成果10年たった今、リゾースセンターは建たなかったけど......
ティワラ(信頼)を合言葉にマンギャン族の自助組織ドウブレ・カマンが生まれました。
最初、メンバーは女性だけでしたが、マンギャン族の男性たちも加わり、とてもバランスがとれた組織です。
そして、豊かな自分たちの伝統文化を子どもたちに継承するためのコンクールを開催したり、マイクロクレディットを運営したりと、
まだまだ よちよち歩きですが自分たちの置かれている停滞した状況を変えるために始動しはじめました。

トップヘ